夫婦ふたりの「余暇を楽しむ家」

豊橋市 I邸  家族構成:夫+妻

ご主人が定年退職し、子どもたちも独立したことから、「これからの時間を夫婦ふたりで心豊かに過ごせる家」をテーマに、フルリフォームしたI邸。
30年前に建てたとは思えないほど斬新なデザインの住まいは、奥さまが当時の設計士と綿密に打ち合わせを重ねて建てたこだわりの作品。『タツミハウジング』は、そんな奥さまの想いを大事に、住み慣れた間取りや動線はそのままに、外断熱やペアガラスを採用するなど、より快適に過ごせる空間を提案した。LDKの床は暖かい肌触りのクリ材に張り替え、キッチンを対面式に替えてからは、ご主人が積極的に厨房に入るようになった。「地震や台風が来ても不安がないので、ぐっすり眠れるようになりました」と微笑む奥さま。断熱性能もアップした住まいで、ご主人は読書を、奥さまはガーデニングを楽しんだり、余暇のある暮らしを存分に楽しんでいる。

リフォームしたきっかけは

子どもたちも独立し、夫婦二人だけの生活になったのを機に、老後を暮らしやすくするために、耐震補強も含めて、バリアフリー仕様にリフォームしようと思いました。新築という選択肢はありませんでした。

当社に決めていただいた理由

近所でやっていた『タツミハウジング』の見学会を覗いてみたら、偶然、佐宗社長のお母様と再会したのがきっかけです。実は、社長の妹さんが主人の教え子なんです。そんな不思議なご縁もありましたが、決め手はやはり地元で長く実績を積んでいるという信頼性ですね。

リフォームでの希望

30年間住み慣れた家が気に入っていたので、間取りはそのままで、部屋の用途を変えてもらいました。段差をなくして手摺を付けたほか、将来的に車椅子でも生活できるようなバリアフリー対策をお願いしました。

当社でリフォームしてよかったこと

全体的にすっきりと開放感が生まれたので、想像以上に満足度が高いですね。間取りが前と同じなので、違和感なくすっと住むことができました。大工さんが一つ一つ丁寧に仕事をしてくださったことにも感動しました。遮音性の高いペアガラスに変えてもらったおかげで、怖い台風が来ても安心して眠れるようになりました。

タツミハウジングからのコメント

旧家が30年前とは思えないほどモダンなデザインで、奥さまの愛着が深かったので、その思いを継承しつつ、さらに安心して暮らしやすいように提案しました。これほど大規模なリフォームはめったにないので、貴重な経験になりました。 ありがとうございました。

関連ページ